ハブ2017年06月01日

 雨が降ったので友人と夜の山の様子を見に行きました。雨が降った後の割には爬虫類や両生類が少なめでした。

ナミエガエル

 アカミズキの高いところでホシノヒカリタケが光っていました。

ホシノヒカリタケ

ホシノヒカリタケ

 足元で落ち葉が光ってましたが、雨が降った後の割に少ない気がしました。光っている落ち葉をよく見ると、随分と小さくなっていました。


 山から帰る途中の路上でハブが頭を振っているのが見えました。よく見ると口が開いたままになっていて、顎がおかしくなっているようでした。

ハブ

 口以外は特に踏みつぶされているような雰囲気はなかったので、車と接触してしまったのかもしれません。

ハブ


山中にベストソーダの瓶2017年06月05日

 4月に太い木を見に行った場所の近くの湿地を見に行きました。湿地に着いて足元を見たら、ベストソーダと書かれた瓶が落ちていました。ちょっと古そうな瓶でしたが、いつ頃からここにあるのか気になりました。

ベストソーダの瓶

湿地の真ん中にヒメハブが居ました。この湿地に集まっているカエルを狙っているような雰囲気でした。

ヒメハブ

 湿地の奥にホルストガエルが卵を産んだ跡があり、卵が孵化した後でした。



拡大撮影用品?2017年06月06日

 フィルムの時代に買ったオリンパスの38mm F2.8マクロをOM-Dでも使えるようにするためマウントアダプターを購入しました。

オリンパス 38mm F2.8マクロ

 しかし、このレンズは微調整用のヘリコイドしかなく、カメラを前後に動かしてある程度ピントを合わせないといけません。マクロスライダーを購入しないと不便ですが、随分前に仕事をしていたところで買ったマクロスライダーが高価な割に精度が悪くてねじを締めて固定すると少し動いてしまう代物だったので購入を見送っていました。雲台の上にもう1個雲台を付ける方法を試しましたが、制約が多くて不便でした。
 先日、友人からアルカスイス互換のクイックリリースクランプとプレートをマクロスライダーの代用できるという話を聞き、通販サイトを確認して注文しました。


 アルカスイス互換のクイックリリースクランプとプレートが届いたので、物差しを試し撮りをしてみました。
 プレートを固定した時に動いてしまうことはなく、ガタもなくしっかりと固定してくれました。1600円くらいの安い製品ですが、思った以上にしっかりとした作りのようです。


 38mmマクロのマニュアルには、25mmのエクステンションチューブとの組み合わせで1.7倍と書かれてましたが、実際に撮影してみるとほぼ1.7倍のようでした。

(注)トリミングしてません。

 オートエクステンションチューブ65-116mmと組み合わせたら4.5倍まで拡大できますが、開放でも随分と暗くなってしまうので、屋外での使用は結構厳しそうです。
 F2.8では被写界深度が浅くて像が甘いので、F5.6~8に絞った方がよさそうです。

アシダカグモ2017年06月10日

 夜、アパートの部屋の前にアシダカグモが何かを抱えていました。アシダカグモがケラを捕まえた直後のようで、ケラは必死に逃げようともがいていました。


 朝になってから部屋の前にまだアシダカグモがいましたが、ケラが昨夜と比べてコンパクトになっていました。ケラの頭が消化液で溶かされて縮んでしまったのかもしれません。


 10年位前に部屋の中にアシダカグモが住んでいたことがあり、夜になると押入れから出てきて朝になると押入れに帰ってました。部屋の中にホオグロヤモリも住んでいるためか、アシダカグモは短期間でいなくなってしまい、その後部屋の中で見ることはありませんでした。

バイクジムカーナ2017年06月12日

 7月29日と30日にモータースポーツin伊是名島の開催が決まりました。


 今回は4輪ジムカーナとバイクジムカーナ、レーシングカートのコラボイベントとなるので、4輪ジムカーナ以外の撮影も少し慣れておきたいと思いました。昨日は沖縄カートランドで別イベントがあったため第2日曜日のエキサイティングジムカーナの走行会がありませんでした。そのため、友人と一緒に安慶名自動車学校へバイクジムカーナを見に行きました。着いてすぐにエキサイティングジムカーナの常連さんも来ました。







 自動車よりもオートバイに長く乗っていたためか、オートバイの動きにすぐに慣れることができました。今回はバイクジムカーナの動きに慣れることと撮影のデータ取りになってしまいました。