ハロウェルアマガエル2018年04月13日

 暖かくなってからまとまった雨が降っていなかったのですが、山原でまとまった雨が降ったので、山原の様子を見に行きました。路上にホルストガエルやナミエガエル、ハナサキガエルが出てきていました。水田や池の周りではハロウェルアマガエルが集まって鳴いていました。

ハロウェルアマガエル

 雨が少し降っていたためかハロウェルアマガエルが大合唱していました。

ハロウェルアマガエル

 ハロウェルアマガエルの抱接ペアも結構いました。

ハロウェルアマガエル抱接ペア

ハロウェルアマガエル抱接ペア


少し気温が下がったけど2018年04月09日

 しばらくまとまった雨が降っていなかったので、川の水量が少なくなっていました。


 7日は真冬並みに気温が下がりましたが、8日は昆虫が出てきて春らしい感じでした。

リュウキュウハグロトンボ

イシガケチョウ

 林のあちこちでイルカンダの花が咲いていて、そのためか木の上から昆虫の羽音が響いていました。


 草むらでは、ナンゴクネジバナが咲いていました。


大ムカデ2018年03月02日

 山道を歩いていたら道の脇の草の下からガサガサと音がしました。音のする場所を見てみると、草の隙間から大ムカデの体が見えました。


 草の中を歩いていたのは、全身緑色で20cm位の大きな大ムカデでした。


 一部の人たちがヤンバルオオムカデと呼んでますが、沖縄のミナミメダカをリュウキュウメダカと呼ぶのと同様に正式な和名ではないそうです。

ハナサキガエル繁殖2018年02月25日

 毎年、ハナサキガエルの繁殖を見に行っていた沢は、今シーズンはタイミングが悪くてハナサキガエルの繁殖を見ることができませんでした。この沢のハナサキガエルの繁殖が終わった後でハナサキガエルの鳴き声を聞いたことがある場所が気になったので友人と一緒に確認しに行きましたが、少雨傾向が続いているためか沢に水がなく、ハナサキガエルが少し鳴いている程度でした。オキナワイシカワガエルやオキナワアオガエルの鳴いている沢で入りやすいところがないかを確認しながら林道を南下していたら、オキナワアオガエルがよく鳴いていて入りやすい沢がありました。林道の広くなっている場所に車を停めて沢を確認していたら、下流側からハナサキガエルの鳴き声が聞こえました。

ハナサキガエル

 滝の周りにハナサキガエルが集まっていました。

ハナサキガエル

 抱接ペアもいました。

ハナサキガエル

 手が届く範囲にはヒメハブは居ませんでしたが、踏み込めない場所にハナサキガエルが集まっていてヒメハブもいました。鳴き声を録音するためにライトを消したら足元で落ち葉が光っていました。



 今までハナサキガエルの繁殖は山原の南側から始まり徐々に北上するとばかり思ってましたが、この時期に南側で繁殖しているとは思いませんでした。この場所の近くでは12月下旬に鳴き声を聞いていたので意表を突かれた感じでしたが、今シーズンはあきらめていたハナサキガエルの繁殖を見れたのでよかったです。

ハナサキガエルの卵2018年02月13日

 日中に交通量の多い時間帯に北上しました。山原より南側の森はところどころ新葉で淡い色の木が見えました。新緑のシーズンが近づいていることを実感しました。


 週末から寒波の影響で冷え込んだのでハナサキガエルの繁殖が少し気になっていました。友人からハナサキガエルの様子を見に行こうとお誘いがあり、夕方に合流してから山原の沢に行きました。


 少しだけ鳴いているハナサキガエルの雄がいて、抱接ペアが1ペアだけいましたが、あらかた産卵が終わっているようでした。