HDDの設定変更2017年08月15日

 仕事で使っている随分と古くなったパソコンが時々とても遅くなることがありました。Western Digitalの緑色のハードディスクが入っているので、IntelliPark機能のせいでハードディスクが頻繁に休憩して遅くなっているのかもしれません。そこでWDIDLE3 for Winをダウンロードして、IntelliParkを無効にすることにしました。Windows 10のスタートボタンを右クリックしてWindows PowerShell(管理者)を起動して、WDIDLE3を実行しようとしたら操作可能なプログラムとして認識されず実行できませんでした。


 PowerShellの設定に従来のコンソールを使うという項目がありました。これを有効にしてWDIDLE3を実行しましたが、結果は一緒で実行できませんでした。


 スタートメニュのWindowsシステムツールにあるコマンドプロンプトを右クリックして、その他の管理者として実行を左クリックしてコマンドプロンプトを起動しWDIDLE3を実行したら、無事WDIDLE3が実行でき、IntelliParkを無効にすることができました。

 IntelliParkを無効にしてから遅くなる症状は少し減ったような気はしますが、パソコンが全体的に遅いので気のせいのような気もしました。

追記
 Windows PowerShellのエラーメッセージに「コマンド wdidle3 は見つかりませんでしたが、現在の場所に存在します。Windows PowerShell は、既定では、現在の場所からコマンドを読み込みません。このコマンドを信頼する場合は、".\wdidle3" と入力してください。」と書かれていました。.\wdidle3を打ち込んで実行したらちゃんと動作しました。
 ubweb.infoにabout_Command_Precedenceの説明がありました。PowerShellの仕様で現在のフォルダの中にあるスクリプトを実行する場合は、スクリプト名の前に現在のフォルダを示すピリオド(.)を入力しないといけないようです。
 Windows 10のスタートボタンを右クリックした時に以前はコマンドプロンプトでしたが、PowerShellになってからしばらく使ってなかったので、コマンドプロンプトと同じつもりで使ってしました。PowerShellは高機能みたいなので、そのうちに使い方をちゃんと調べようと思いました。

1年間Windowsが更新されなかったパソコン2017年07月28日

 忘れた頃にしか使われることのないパソコンを久しぶりに電源を入れてみたら、Windows Updateが行われていないようでした。更新履歴を見ると、2016年7月13日を最後に更新が行われていませんでした。


 Windows Updateを実行しても新しい更新プログラムが表示されませんでした。昨年の夏以降にAnniversary updateとCreators updateと大型更新が2回あったので、Windows Updateから更新はできなくなってしまったようです。
 MicrosoftのWindows 10のダウンロードで「今すぐアップデート」をクリックし、Windows10Upgrade9252.exeをダウンロードしてから実行しました。


 3時間くらい経ったころにやっと更新終了と表示され、Windowsを再起動してからしばらく更新処理が行われました。


 随分と古いパソコンなので、更新作業に時間がかかってしまったようでした。Windows 10に限らずしばらく更新しないと更新できなくなることがあります。Windows 10に限らず7や8.1もしばらく更新しないと更新できなくなり、更新するのに手間や時間がかかることがあります。以前と比べて手間のかかるOSになってしまった感があります。


 このパソコンのWindowsを更新している間、他のパソコンに入っているQuantum GISを更新しましたが、ウィルスバスターのOfficeScanNT RealTime ScanがCPU処理を食い始め、更新作業が進まなくなりデスクトップも固まるという症状が出ました。ウィルスバスターを一時的に停めるとすんなりと更新できました。他の作業をしている時もウィルスバスターが重たくなって処理ができなくなることがあり、その都度Windowsを再起動しないといけなくなります。

ハードディスク交換2017年04月30日

 ジムカーナの写真を撮り始めてからデータ用のハードディスクの空きが少なくなり、気が付くとデータ用のハードディスクだけ赤く表示されるようになりました。


 データ用に使っている2.5TBのハードディスクは、タイの洪水騒ぎでハードディスクが値上がりする直前に買ったものなので、もう5年以上使っています。ハードディスクの増設も考えましたが、ハードディスクの使用時間と消費電力のことを考えて4TBに交換しようと思いました。ちょうどパソコン屋の広告の日替わりセールに4TBのハードディスクがあったので、買いに行きました。


 今まで使っていた2.5TBのハードディスクはまだ壊れていないので暫定的にバックアップ用にして、そのうちにバックアップ用も新しいハードディスクに交換する予定です。

調子の悪いWindows Liveメール2012からメールの引っ越し2017年02月21日

 Windows Live メール 2012が新規メッセージの作成ができなくなってしまったと連絡があり、見に行ったらWindows Live メール 2012が破損しているようでした。サポート終了後、インストーラーのダウンロードができなくなっているので、Thunderbirdへ移行することにしました。先日と同じ方法で移行しようとしたらWindows Liveメール2012からメールをエクスポートしようとしたら、フォルダだけ作成されてメッセージが出力されませんでした。そこで、Windows Live メール 2012からOutlookに移行した時に参考にしたTipstourの『フリーソフト「MailStore」を使ってThunderbirdのメールをOutlookに移行する方法』で紹介されているMailStoreを使ってWindows Live メール 2012からThunderbirdへメールを移行しました。MailStoreでWindows Live メール 2012のメールをアーカイブしてから、アーカイブしたデータをThunderbirdへエクスポートしました。メールの数を確認してみたらちゃんとメールが移行されているようでした。

 アドレス帳も一緒に移行しましたが、Windows Live メール 2012からアドレス帳をcsvファイルへエクスポートする時に、姓と名も出力しないと他のメールソフトへインポートする時に失敗することがあるようです。姓と名を出力しなかった場合は、一部のメールアドレスが移行できませんでしたが、姓と名も出力したら問題なくアドレスの移行ができました。


DVDデュプリケーター2016年12月29日

 エキサイティングジムカーナの大会ビデオを書き込むために使っている1:7のDVDデュプリケーターの調子があまりよくないとのことでしたので、不具合がないかを調べてみました。デュプリケーター専用のケースではなく、PC用のケースとATX電源が流用されていて、電源はサイズの剛力Nakedの700Wと剛力の550W、メーカー製PC用の250W電源で構成されていました。光学ドライブ8台とHDD1台、デュプリケーター用のコントローラーだけなら剛力Nakedの700W1台で十分そうです。


 ネットで調べてみると、+3.3Vと+5V、+12Vを無負荷にすると電源が安定しなくなることがあるという情報がありました。
 上記のサイトにATX電源の+3.3Vと+5V、+12Vの最小電流が掲載されていました。電源によっては最小電流が異なるかもしれませんが、試しに無負荷になっている+3.3Vに0.3A以上流れるように疑似抵抗(9.4Ω 5W)を入れて剛力Nakedの700W1台で試してみました。テストモードで10回ほど動作せましたが、途中で電源が落ちたりリセットされる不具合は起きませんでした。

追記
 ATX電源を流用する場合は、各自で電源の最小電流や疑似抵抗の抵抗値と容量を確認してください。なお、ATX電源の流用やデュプリケーターの自作等を行う場合は自己責任でお願いします。